プログラミングファン

「Java言語」の「メソッド」の作り方を学ぶ

「Java言語」の「メソッド」は、他のプログラミング言語では「関数」に近い機能です。

複数の命令文をまとめて、名前を付けておき、後で名前を指定して処理を行うことができます。

それでは、「Java」の「メソッド」について学んでいきたいと思います。

「メソッド」の文法と作り方

まず始めに「メソッドの文法」を見ていきたいと思います。

「メソッドの文法」は、

アクセス修飾子 戻り値のデータ型 メソッド名(引数) {
	メソッドの処理
	return 戻り値
}

のようになります。

次に「引数」と「引数と戻り値」があるパターンのメソッドを見ていきたいと思います。

「引数」のあるプログラム

「引数」があるプログラムを作ってみると、

//メソッドの作成
public static void test(String data) {
    System.out.println("data=" + data);
}

//メソッドの実行
test("サンプルプログラムだよ");

のようになります。

このプログラムを実行すると、

data=サンプルプログラムだよ

と表示されます。

「test」メソッドの「data 引数」に「文字列」を渡していますが、「引数」は「カンマ」で区切って複数渡すこともできます。

例えば、

//メソッドの作成
public static void test(String data1, String data2) {
    System.out.println("data1=" + data1);
    System.out.println("data2=" + data2);
}

//メソッドの実行
test("サンプルプログラムだよ1", "サンプルプログラムだよ2");

のように2つ以上の「引数」を渡すことができます。

このプログラムを実行すると、

data1=サンプルプログラムだよ1
data2=サンプルプログラムだよ2

のように表示されます。

「戻り値」のあるプログラム

「戻り値」は、「メソッド」内の値を「メソッド外」で利用できる仕組みです。

プログラムを書いてみると、

public double poundToKg (double pound) {
    return pound * 0.453;
}

のようになります。

このメソッドでは重さの単位である「ポンド(pound)」を「キログラム(kg)」に変換して、戻り値として返しています。

このプログラムを作ってみると

double pound = 12;
double kg = poundToKg(pound);
System.out.println(pound + "ポンドは約" + kg + "キログラムです。");

のようになります。

このプログラムを実行すると、

12.0ポンドは約5.436キログラムです。

のように表示されます。

メソッドの種類

「メソッド」には、先ほど紹介した「自分で作って利用するメソッド」と「Javaが用意してくれているメソッド」の2種類があります。

例えば、これまでにも利用してきた「System.out.println」メソッドは、「Javaが用意しているメソッド」です。

Java API

現在利用しているのは、「Java SE(Oracle JDK)」というソフト?なので、「Java SE API」のメソッドが使えるとのことでした。

「Java」をきちんと使えるようになるためには、プログラミング以外の仕組みについても学ぶ必要がありそうです。

あと、別のプログラム言語の学習でも出てきた「クラス」の理解を進めていくことも大切ですね。

「クラス」を学んでからだいぶ時間が経っているので、もう一度勉強しなおしていきたいと思います。

「Java API」の中には、「便利なメソッド」がたくさん用意されていますので、少しずつ使い方を身に付けていきたいと思います。

「メソッド」の仕組みや動作を動画にしてみましたので、ぜひご覧ください。

先輩に「java.utilの中のクラスのメソッドは何も設定しなくてもすぐに使えるから」と教えてもらいましたので、「クラス」について学んでから、いろいろなメソッドを試してみたいと思います。

→(前へ)「Java言語」の「分岐処理」の仕組みと作り方

→(次へ)「Java言語」の「クラス」の仕組みと作り方

HOMEへ