プログラミングファン

「プログラミング学習」で「つまづくポイント」について

今日はプログラムを勉強する中で「つまづくポイント」について話をしていこう。

いいよ~、主に「サトル君」の話になりそう・・・

プログラミングを勉強していて挫けそうになったこと

プログラミングを勉強する中で、誰もが当たるのが「つまづき」じゃないかと思うんだけど、何か「つまづいたこと」とかある?

特別にあるというわけじゃないけど、「新しいこと」を初めて勉強した時はほとんど「つまづき」じゃない?

学習が進むと「学ぶことが全部つまづきポイント」みたいになってくるね。

「ドミノ倒し」みたいに一度倒れたら連鎖的につまづいて倒れていく感じ。

一番最初の「つまづきポイント」が理解できていないから、その先を勉強しても理解できないのは自然だと思うよ。

プログラミングは「勢い」で押して学んでも理解は進まないから、むしろ、「コツコツ繰り返す」っていう方法が合っているんじゃないかな。

私が難しさを感じ始めたのは「オブジェクト指向」に入ったくらいからかな~

「考え方になじむ」まで時間がかかったよ。

「オブジェクト指向」は、自分も全然わからなかったし、理解できる気がしなかったな~

何がわからないのかも曖昧だったと思う。

「変数」とか「if文」みたいに「こう書いたらこう動く」という内容じゃないからかも。

なんかしっくりこないというか自分で作ったりはできない感じだったよ。

そうそう。その感じだった。

でも、不思議なことに「あ。そういうことか。」って理解できた時があったんだよね。

なかなか解けなかった「知恵の輪」が、ある日突然解けたみたいな。

それは私も経験あるよ。

だから、「繰り返し勉強しないと身に付かないんだな~」と思った。

みんな「繰り返しの勉強が大切」っていうけど、そういう経験が必要だからなんだね。

ただ、「繰り返し」って飽きちゃうんだよね。

だから「飽きない程度」に勉強するようにしていたよ。

その時に「詰め込み学習」をしていると学習に失敗するなと思った。

それって自分じゃん・・・

勢いで詰め込み勉強しかしてないな~だから失敗したのかな。

完全にやめちゃったわけじゃないから「失敗」じゃないんじゃない。

本当に失敗したら完全に勉強をやめちゃうから。

そうなのかな・・・また再開したから良かったけど、再開してなかった可能性もあるかな。

自分の「楽しい」って気持ちがあるうちに駆け抜けなきゃって気持ちの方が強かったよ。

自分は「飽き性」だって自覚してたから。

案外「つまづきポイント」って「学習内容」じゃなくて「学習方法」に問題があることが多いのかもね。

そっか。それは新しい発見だったね。

「繰り返し勉強できる習慣」がちゃんと身に付いてたら、わからないところがあっても繰り返し学ぶからいつか理解できるようになるってことだね。

そうそう。

最近は「朝活」してプログラミングを勉強するようにしてる。

まだまだ習慣になったとは言えないけどね。

前にも言ってたね。継続できているなら続けた方がいいけど、無理そうなら自分にあった勉強法を探した方がいいかな。

勉強を続けるために勉強方法とか時間帯とかを変えたりしているよ。

まだまだ習慣になったとは言えないけどね。

楽しく勉強をするための「コツ」とは?

勉強を続けていくためには「楽しく勉強すること」が大切だと思うんだけど、どう思う?

全部が楽しいことばかりじゃないけど、「楽しもう」という意欲を持つことはいいんじゃない?

実際はエラーが解決できなかったりいろいろあって、楽しい事ってたくさんあるわけじゃないから、それをどう「楽しむか?」っていう考え方はいいと思うよ。

私の場合は「エラーの原因探し」が「宝探し」みたいな感じで楽しんでるところもあるよ。

そういう考えか方ができるのはすごいね。自分は「えぇ~またか・・・」ってなってしまうかな。

楽しいことが勉強の中でそもそもあまり無くて、それをどう探そうかって悩んでる。

楽しむことは大切だけど、無理やり探すんじゃなくて自然に増えていくような気もするけど。

そうなんだけどね。もっと楽しく勉強する方法はないかな~って思って。

「マイルストーン(中間目標)」を決めるとか?

達成できるまで、サトル君の好きなゲームができないっていうルール(笑)

それは無理だよ・・・1日に1回はゲームしないと、何にもやる気がでないよ。

ゲームしか楽しみがないんだからっ!

そんなにムキにならなくていいじゃん。じゃあ中間目標を達成できたら、「1日中ゲームしていい日」を作ることができるとかは?

それなら大丈夫かな。

「1日中ゲームをしていたい」から頑張れるかも。

まぢか・・・

「ならそうしたら?」と言いたいところだけど、それだと「プログラミング勉強の楽しさ」とは全然関係ないんじゃ。

あ。ホントだ。

楽しくプログラミングを勉強する方法だったね。

これから勉強を続けていったら見つかるのかも。

続けていればいつか見つかるんじゃないかな。

続かなくてそこまでたどりつかずに諦めてしまう可能性もあるけど。

一回やめちゃったから何も言えないや。

今回はやめずにちゃんと続けていきたいと思ってるよ。

あと、コミュニティを作ったり参加したりするっていうのも良さそう。

例えば、「プログラミングコミュニティ」に参加してみるとか。

それも楽しそうだね。時間があったらそういうのもいいかも。

今は「朝」に活動しているから、そういうコミュニティってだいたい「昼」とか「夜」が活動時間になっていることが多いイメージがあるよ。

自分の活動時間を変えたらいいだけなんじゃない??

昼は仕事だし、夜は帰ってから勉強したりしても頭に入らないんだよね。

だから、「朝」をメインにプログラミングの勉強をすることにしたんだよ。

「朝活」しているプログラミング学習者を集めてサトル君がコミュニティを作ればいいじゃん。

それも楽しそうだね。朝勉している人がいるか探してみるよ。

→(前へ)「Androidアプリ開発」をやってみないか誘ってみる

→(次へ)プログラム言語の「将来性」について考えてみる

HOMEへ