プログラミング初心者のための「WEBアプリ」 to 「デスクトップアプリ」変換

これまでに「WEBアプリ」の作り方を学んできましたが、「HTML・CSS・Javascript」作ったアプリは「デスクトップアプリ」に変換することができます。

これまでに作ったアプリは、

→「アニメーションアプリ」

→「ゲームアプリ」

の2つですが、今回は「HTML・CSS・Javascript」で作った「WEBゲームアプリ」を「デスクトップゲームアプリ」に変換する方法について学んでいきましょう。

デスクトップアプリ変換の準備

デスクトップアプリに変換するためには、「Electron」というツールを使います。

「Electron」を使うためには、「node.js」というサーバーサイドでJavascriptを実行できる環境が必要になります。

今回は、MACを利用しますので、MACの「node.jsインストーラ」を公式サイトからダウンロードしてインストールしています。

「Node.js」では、さまざまな「ツール・ライブラリ・フレームワーク」が開発されていて、その中に「Electron」が用意されています。

Node.jsのツール・ライブラリ・フレームワーク

「Node.js」には、「NPM(Node Package Manager」「Yarn」など、「Node.js」の「ツール・ライブラリ・フレームワーク」を管理するためのプログラムがあります。

今回は「NPM」を使って「Electron」を実行していきたいと思いますが、インストーラーから「Node.js」をインストールすると、「NPM」も既にインストールされていると思います。

もし「NPM」が入っていない場合は、下記公式サイトからダウンロードすることができます。

→「get npm」

「Electron」のNPMのインストールコマンドは公式サイトにも記載があります。

今回は、MACの「ターミナル」で、次のコマンドを打ってインストールを行いました。

npm install electron -g

「Electron」は、「Slack」「Github Desktop」「Visual Studio Code」「WordPress.com」などのメジャーなソフトウェアも開発が行われている実績のあるフレームワークです。

「Chromium(クロミウム)」と呼ばれるブラウザをデスクトップアプリ内部で起動し、「Chromium(クロミウム)」に「HTML・CSS・Javascript」を実行させることで、デスクトップ上で「WEBアプリ」を実行することができます。

Electron - HTML CSS JavaScript

まず、アプリを作成するためにディレクトリを作ります。

MACの「ターミナル」で「mkdir」コマンドを使い、アプリ格納用のディレクトリを作りますが、今回は「touch_the_ball」というアプリ名にしましたので、この名称のディレクトリを作成しました。

mkdir touch_the_ball

作成したディレクトリに移動するため、

cd touch_the_ball

を実行します。

そして、

npm init -y

そうすると、「package.json」というファイルが作られます。

このファイルは、「node.js」のプロジェクトのパッケージ管理を行うためのファイルです。

{
  "name": "test",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

「main」の部分が「index.js」となっていますが、実行時のメインとなるファイル名「main.js」に変更します。

{
  "name": "test",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "main.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

続いて、「main.js」ファイルを作っていきます。

「main.js」の内容は下記のようになります。

'use strict';

var electron = require('electron');
var app = electron.app;
var BrowserWindow = electron.BrowserWindow;

var window = null;

app.on('window-all-closed', function() {
  if (process.platform != 'darwin')
    app.quit();
});

app.on('ready', function() {
  //ブラウザウィンドウの作成
  window = new BrowserWindow({width: 302, height: 520});
  
  //ブラウザウィンドウに表示するファイルの指定
  window.loadURL('file://' + __dirname + '/index.html');
  
  window.on('closed', function() {
    window = null;
  });
});

「main.js」は、「Node.js」のコードが書かれていますが、

//ブラウザウィンドウの作成
window = new BrowserWindow({width: 302, height: 520});

の「width」はウィンドウの横サイズ、「height」はウィンドウの縦サイズを指定しています。

//ブラウザウィンドウに表示するファイルの指定
window.loadURL('file://' + __dirname + '/index.html');

の「index.html」は読み込むファイル名を指定していますので、このファイルは「アプリの実行」ファイルを指定します。

MACアプリのアイコンを指定する場合は「.icns」形式のMACアプリアイコンを作成しておきましょう。

アイコンの指定をしなければ「Electron」のデフォルトアイコンが設定されます。

MACアプリアイコンの作成方法は下記をご参照ください。

→「Macアプリの.icnsを作るときのメモ」

今回はオリジナルのアイコンを作成しましたので、アプリ作成前のディレクトリ構成は下図のようになります。

MACアプリディレクトリ構成

アプリのパッケージ(実行ファイル)を作るためには、下記のコマンドを実行し、「electron-packager」をインストールします。

npm -g install electron-packager

MACアプリの作成(パッケージング)

次にアプリファイルのディレクトリに移動し、MACアプリ作成用のコマンドを実行します。

electron-packager . touch-the-ball --platform=darwin --arch=x64 --icon=touch_the_ball.icns --electron-version=1.8.4

上のコマンドは、

electron-packager "コマンドを実行する対象のディレクトリ" "アプリ名称" --platform="プラットフォーム" --arch="アーキテクチャ" --icon="アイコンファイル名" --electron-version="エレクトロンのバージョン"

を指定しています。

無事にパッケージングが完了すると、実行ファイルが入ったディレクトリが作成されます。

MACアプリパッケージング

実行ファイルをデスクトップに配置すると

MACアプリアイコン

上図のように作成したMACアプリにアイコンが設定されています。

アプリを起動すると、下図のようにゲーム画面が表示されます。

MACアプリゲーム画面

「Electron」では、Windowsアプリも作成することができますので、「WEBアプリ」を作ることで、「MACアプリ」「Windowsアプリ」も作ることができます。

「HTML・CSS・Javascript」では、スマートフォンアプリも作ることができますので、ぜひ「HTML・CSS・Javascript」の学習にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「HTML・CSS・Javascript」学習書籍

HOMEへ